花粉情報 2018年

2018年の花粉はどうなる?
今シーズンの花粉飛散量や花粉飛散時期を解説。花粉飛散前線や地方ごとの飛散量や飛散時期を掲載。

今シーズンの花粉飛散量

今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は例年と比べて、北日本はやや少ない〜平年並、関東はやや少ない、甲信・北陸・東海は平年並み、西日本はやや多い予想です。

昨年比では、関東で昨年並、そのほかの地域は昨年よりやや多くなる予想です。

飛散量の多い地域は花粉症に対して十分な注意が必要であることはもちろんですが、平年より少ない地域でも昨年と比べると多く飛散する地域が多くなる予想ですので油断せず花粉症対策は行うようにしましょう。
地方 平年比 昨年比
東北 70〜120%程度 100〜150%程度
関東 70%前後 100%前後
甲信 100%前後 120〜150%程度
東海 90〜110%程度 100〜150%程度
北陸 90〜110%程度 120〜150%程度
近畿 100〜130%程度 120〜140%程度
中国 110〜140%程度 120〜150%程度
四国 130%前後 130〜150%程度
九州 130〜150%程度 100〜150%程度
花粉飛散量が多くなる条件昨夏の天候

花粉の飛散開始日

花粉飛散マップ
地方 飛散開始日
東北 2/26〜3/12頃
関東 2/10〜2/20頃
甲信 2/18〜3/2頃
東海 2/15〜2/25頃
北陸 2/24〜3/2頃
近畿 2/17〜2/26頃
中国 2/15〜2/25頃
四国 2/13〜2/20頃
九州 2/12〜2/16頃
飛散開始時期は初冬期(11〜12月)の気温が寒く、厳冬期(1,2月〜)の気温が暖かいと早くなる傾向にあります。

11月中旬頃から寒気が流れ込むことが多くなり、11月〜12月は全国的に平年よりも低めの気温となりました。
1月も東・西日本中心に気温の低い状態が続きました。
2月上旬も東・西日本では平年より低い気温が続いています。中旬以降は平年並となる予想となっています。

昨年末から気温の低い状態が続いた地域が多いため、今年の飛散開始時期は例年並か例年よりやや遅くなる地域が多い見込みです。

寒気の影響で平年より低く推移した場合には、飛散開始時期がさらに遅れる可能性があり、気温が高めに推移した場合には、飛散開始時期が早まる可能性もあります。
花粉開始時期を決める条件冬の天候

本日の花粉飛散予想

花粉とPM25の関係
PM2.5とは?花粉症との関係は?

花粉知識・関連情報

花粉症は人体にアレルギー症状を引き起こし、症状は違えど大変辛いもの。正しい知識を身につけ、初期療法や花粉対策を行う事で症状を軽減できます。

スペシャル気象情報

花粉情報TOP
お天気.comTOP