花粉情報 2018年

医療機関と花粉症の初期療法

病院の診察を受けて抗アレルギー薬による治療をすると効果があるといわれている「初期療法」
花粉症は初期療法による事前対策が非常に重要かつ有効となります。
例えば、花粉が飛散を開始する前から、耳鼻科などを受診し、第2世代抗ヒスタミン薬を使用する「花粉症初期療法」などが有効とされています。

この初期療法は、症状を軽減するだけでなく、発症を遅らすことにも効果的といわれています。また、初期療法を始める時期は、花粉飛散開始日の1〜2週間前に始めると良いといわれています。
花粉症の初期療法をお考えの方は、花粉飛散開始日の情報をこまめにチェックすると良いでしょう!

花粉症の疑われる症状が出たら、医療機関で検査し花粉症かどうかの確認をする。自分で花粉症と思っていても花粉症と似た別の病気である事も。

症状が出始めた初期に治療を行うと、粘膜の炎症の進行を止め、重症化を防ぐ事ができる。

市販の鼻炎薬などでは、眠気やのどの渇きなどの副作用が出る事もあるので、車の運転や仕事に支障が出る可能性もあります。
病院で受診すれば、これらの副作用の少ないものを処方してもらえるそうです。

花粉症の予防まとめ

【接さない】
花粉症は花粉に接さない事が重要なので、最新の花粉情報を入手し、花粉の多い日には出掛けないようしたり、マスク等で吸い込む量を減らしましょう。

【早めの対処】
花粉症が発症する前に薬の服用を始める「初期療法」があり、発症してから治療を始めるより効果が期待できると言われており、発症後もなるべく早く医療機関に行く事で、薬の量も少なくてすみ、重症化を防ぐ事ができます。

【準備】
コンタクトの方は花粉よる刺激でアレルギー性結膜炎を増幅させる恐れがあるためメガネの準備や、ウール製の衣服は花粉が付着しやすいため、ポリエステルなど花粉の付きにくい化学繊維の衣服の準備をするなどしましょう。
2018年花粉情報開始日コチラ

本日の花粉飛散予想

花粉知識・関連情報

花粉症は人体にアレルギー症状を引き起こし、症状は違えど大変辛いもの。正しい知識を身につけ、初期療法や花粉対策を行う事で症状を軽減できます。

スペシャル気象情報

花粉情報TOP
お天気.comTOP