お花見(桜開花満開)情報 2019年

お花見情報TOP

桜開花時期を決める条件

桜の開花時期を決める条件は主に2つあります。

1.「休眠打破」がしっかりと行われたか

晩冬から冬にかけて長期間低温となり、しっかりと休眠打破が行われると、春暖かくなった時の花芽の目覚めもよく、開花が早まります。
休眠打破がしっかりと行われないと、花芽の目覚めが悪くなり、開花が遅れる傾向があります。

2.「春の日々の気温経過」

花芽の成長と関係が大きいのが気温です。
気温が高い日が続くと花芽の成長スピードが速まり、逆に気温が低い日が続くと花芽の成長スピードは遅くなります。

秋〜冬 開花時期
寒い 暖かい 早い
暖かい 暖かい 平年並か早い
寒い 寒い 平年並か遅い
暖かい 寒い 遅い

天候の経過

【秋〜冬の天候】

昨年の11月頃は寒気の南下が弱く、東日本で平年よりかなり高く、北日本では平年より高くなり、12月は東日本や西日本で平年より高くなりました。
1月に入ってからも寒気の南下が弱く、東日本〜西日本で平年より高くなりました。

【2月以降の天候】

2月は寒気の南下が弱く、北日本も含めて全国的に平年より高くなり、日本海側の降雪量はかなり少なくなりました。
3月に入ってからも一時的に寒気が南下する事はあっても持続せず、平年より高く暖かい日が増え、中旬以降も平年よりも高い気温が予想されています。

秋〜冬が暖かかったものの、春も暖かい日が続くことが予想されるため、全国的に平年よりも早く開花する所が多いでしょう。

お花見情報TOP
最新の雨雲レーダー
過去24時間気温SP

桜の知識 & 教室

お天気教室

桜に関する知識

桜にまつわるクイズ

※クイズのヒントが知識にあるものもあるよ。
桜の撮り方

携帯でを撮るコツ。露出調整やAF、構図を工夫する事で驚くほど綺麗に。

お花見に適した日は要注意
花粉情報