インフルエンザ発生状況

2月15日更新



【患者報告数の状況】
2019年2月4日〜2月10日の1施設あたり(全国約5,000施設)の患者報告数は26.28人(患者報告数129,989人)で、前週より16.96人減少しました。

都道府県別では、埼玉県(38.56人)、沖縄県(35.50人)、新潟県(35.44人)、大分県(35.12人)、宮城県(32.98人)、石川県(32.52人)、福島県(31.87人)、宮崎県(30.86人)、栃木県(30.34人)、山形県(30.15人)、千葉県(30.14人)、山梨県(30.12人)神奈川県(28.68人)、長野県(27.79人)、岩手県(27.66人)、福岡県(27.30人)、群馬県(27.26人)、香川県(26.64人)、広島県(26.52人)、山口県(26.46人)、茨城県(26.32人)の順となっており、全都道府県で前週の報告数より減少がみられました。

警報レベル(30.0人)を超えている保健所地域は496か所(全都道府県)で、注意報レベル(10.0人)を超えた保健所地域は27か所(17都道府県)ありました。

この1週間に受診した患者数を推計すると、全国で約98.3万人となり、前週よりも約68.6万人減少しました。
年齢別では、9歳以下が約31.3万人、10代が約17.2万人、20代が約7.1万人、30代が約9.6万人、40代が約10.1万人、50代が約7.7万人、60代が約6.9万人、70歳以上が約8.3万人となっています。
9月以降これまでの累積推計受診者数は約1,029.3万人となっています。


【休業施設数の状況】
休校が52施設、学年閉鎖が788施設、学級閉鎖が3,204施設の合計4,044施設となっています。
また、前週と比較して、休校が56施設、学年閉鎖が637施設、学級閉鎖が2,258施設、合計2,951施設で減少しています。

厚生労働省健康局 発表

※発生状況は不定期更新及び更新を終了する事がございます。ご了承下さい。
  • インフルエンザとは?予防法や症状、病院?
  • ▲インフルエンザ予報TOP

    インフルエンザ予報TOP