近畿地方梅雨解説

各地の梅雨状況 (7月31日更新)

  • 【近畿地方】
    梅雨明け
    6/26頃7/24頃
    入(平年) 6/ 7 明(平年) 7/21
  • 解説
    平年より19日遅い6月26日に梅雨入り。昨年より21日遅い。
    統計のある1951年以降で最も遅い梅雨入りとなった。
    この日は九州北部、四国、中国、近畿で梅雨入りし、これで全域で梅雨入りとなった。

    梅雨明けは平年より3日遅い7月24日。昨年より15日遅い。
    梅雨期間は1951年以降で6番目に短い28日。最も短いのは1958年の17日。
    この日は九州北部、九州南部、四国、近畿、北陸で梅雨明けとなった。

    梅雨期間の降水量は各地では平年の70〜110%となった。

    最新の雨雲

    もっと詳細に見る

    >>進む

    降水量階級
     1ミリ
     5ミリ
     10ミリ
     20ミリ
     20ミリ以上

    梅雨期間 累計降水量(7月31日更新)

  • 舞鶴
    累計 296mm
    日最大降水量63mm
    平均 297.3mm
    ⇒過去1週間降水量
  • 大阪
    累計 245.5mm
    日最大降水量34mm
    平均 300.7mm
    ⇒過去1週間降水量
  • 和歌山
    累計 289.5mm
    日最大降水量41mm
    平均 287.4mm
    ⇒過去1週間降水量
  • 近畿地方の梅雨情報
    ※上段は梅雨入りから更新日までの累計降水量。中段は日降水量の最大。梅雨入り前の場合には − 。
    下段は過去30年の梅雨入り〜梅雨明けまでの累計降水量の平均。
    天気概況