お天気教室

三寒四温



もともとは中国東北部や朝鮮半島北部で、冬の気候について使われていた言葉です。
大陸を覆うシベリア高気圧から吹きだす寒気が、7日位の周期で強まったり弱まったりすることにより、3日寒い日が続くと、そのあと暖かく感じられる日が4日程続くという様子を表すのに使われています。

しかし、この言葉が伝わってきた日本では、春先に西から低気圧と高気圧が交互にやってきて、寒い日と暖かい日が周期的に入れ替わる様子を表す言葉として定着しています。

実際に、寒い日が3日間続いて、そのあと暖かい日が4日続くという気象観測的な事実は、なかなか無いのですが、冬から春へ移り変わる時期の「だんだん暖かくなっていく」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

お天気教室TOPへ

お天気.comトップ
(C)POCKE,INC.