お天気教室

放射冷却って何?


地球の表面はね、昼間は太陽からの熱を受けて暖かくなるけど、この熱も、もらいっぱなしではなく、少しずつ空へかえしてゆくんだよ。

夜になると、太陽が無いから熱をかえすだけで、どんどん地面が冷たくなっていくんだよ。これが放射冷却ね。
そうすると、空気もどんどん冷たくなって寒くなるんだよ。

■大人向け解説
「放射冷却」とは、一般的に「熱を外へ出すことにより冷される」という意味です。

ただ、冬になるとテレビの天気予報では「今夜は放射冷却によって冷え込むでしょう」という表現が頻繁に使われますね。
地球の表面は太陽の熱を吸収し、放出する事を繰り返していますが、夜間は吸収する熱は無く、ただ放出するだけとなり、地表面はどんどん冷やされてゆきます。地表面が冷たくなると、空気も冷やされ、寒くなるというわけです。

特に、風が弱く、よく晴れた日は、周りの空気と混ざることなく、放射の邪魔をする雲も無いことから、放射冷却の効果が謙虚に現れます。

お天気教室TOPへ

お天気.comトップ
(C)POCKE,INC.