お天気教室

注意報って何?


大雨や強い風によって災害が起こるかもしれない時に「注意してね。」という意味で発表されるものだよ。

気象注意報といって、大雨や強い風、大雪や雷など、いろいろあるよ。 注意報よりも、もっと気をつけなきゃ危ないよ!っていう時には「気象警報」が発表されるんだよ。

■大人向け解説
「気象注意報」は、気象現象によって、災害の起きる恐れがある場合に発表されます。更に、重大な災害の恐れがある場合には「気象警報」が発表されます。

また、同量の雨が降っても、災害の起きやすさは場所によって異なる為、発表基準は、市区町村別に設けられています。
因みに現在の「気象注意報」には「大雨」「強風」など全部で16種類。「気象警報」には「大雨」「洪水」「暴風」など7種類あります。発表は気象庁から関係機関や都道府県、市区町村、報道機関などへ伝達され、皆さまへ届きます。

お天気教室TOPへ

お天気.comトップ
(C)POCKE,INC.